風水では玄関にふくろうの置物を置くとよい

私たちは、家を購入したり、部屋を借りたりするときに、風水を気にしますよね。

この方向は良くないなどと考えたりしませんか。

風水では、どのようなものが良いのでしょうか。

まずは玄関ですが、入ってすぐに正面にトイレがあるのは風水的には駄目です。

良い運気がトイレに吸い込まれてしまい、流されてしまうからです。

トイレが正面にある人は、トイレの前を暖簾で飾る、もしくはトイレの前に大きな観葉植物を置いて目隠しをしましょう。

他にも、入ってすぐにバルコニーに出るものもあまり良くありません。

運気がトイレと同じく、外へ出て行ってしまうからです。

バルコニーの場合も、暖簾やカーテンで仕切って、隠しておきましょう。

また、台所が見える場合は、ガスコンロのつまみは家の内側に向けておきます。

玄関には、ふくろうの置物などを飾って置きましょう。

ふくろうとは、漢字で不苦労とも書き、苦労をしないという意味があります。

このことから、学力アップや金運アップなどの効果があり、また、ふくろうは首が180℃回転することから商売などの見通しが良いとも言われています。

方角的には西向きに置くと金運が上がると言われています。

特に玄関は、風水では大事な客や、運気が入ってくるところであり、玄関を綺麗にしないと幸運はやってこないともいわれています。

玄関に飾ると、家の中に幸運を招きいれます。

逆に、犬の置物は飾ってはいけません。

そして、廊下に絵を三枚飾りましょう。

部屋にベッドを置いてある場合は、ベッドが玄関から見えないようにしましょう。

ベッドの角と、家具の角がぶつかっている場合は、切りあうという意味であまり良くありません。

観葉植物を置いたり、家具やベッドの位置を変えたりしましょう。

ベッドで寝ている姿が鏡に映ると、鏡に運気が吸収されてしまいます。

また、パソコンも鏡と同じく姿が映るので、布などで覆って隠しておきます。

ぬいぐるみやドライフラワーは、部屋においておくと陰気を集めてしまいますので、部屋には置かないようにしましょう。

寝具とカーテンの色は、同じ色で統一してまとめておきます。

女性ならピンク、男性ならグリーンや黄色がお薦めです。

ピンクは人間関係や愛情運、グリーンは癒し、黄色は金運アップにつながります。

風水では、このようにいろいろな意味がありますので、参考にしてください。

 

どこでも飾れる手のひらサイズのかわいいフクロウの置物です。

金運アップのための金色仕上げ!金運を呼び寄せる山吹色の翼で富を象徴する金運小判を抱きかかえおり、一度掴んだ金運を離しません!さらに、金運がアップする正八方形の台座には、勝負運を高める赤色の上に服の文字が刻まれています。とても縁起の良い置物です。金運を高めたい方、幸福の運気を呼び込みたい方にオススメ!