縁切り 風水 彼氏(彼女)と上手く別れる方位

「別れたいけど別れてくれない」「情があるから簡単に別れられない」というように、恋愛感情が薄れてきているのに別れられない関係があります。そうなる前に火の運気を利用して、上手く別れるようにしましょう。

 

火の運気は南が司っています。つまり南に出かけて運気を吸収すれば、人間関係の不要な縁を断ち切ることができるのです。南には「離れる」という意味があるので、必要がなければくされ縁でも切ることは可能です。

 

別れたいと思う人と一緒に行く必要はありません。情が移ってしまうと「○○だから仕方ない」という気持ちに傾いて、恋人同士であっても保護者のような立場で一緒に過ごすことになります。家族であれば恋愛感情が薄れるのも致し方ありませんが、恋人関係で恋愛感情が薄い場合はダラダラとした関係を続けることになります。

 

人は良くない関係でも慣れてしまえば平気になります。平気になれない場合でも、我慢して付き合うことができるようになるのです。その我慢が日常化すると自分で縁を切ることができなくなるのです。

 

火の運気はダラダラした縁を燃やし、人間関係の絡み合っている不要な関係を断ち切ってくれます。そのため相手が引っ越しする。相手から別れを告げられる。という作用が巻き起こり、自然に別れる運命となるわけです。