風水に良い時計の位置

身の回りの家具はどれも風水的な意味合いを持っていますが、その中でも時計は人間関係や金運に影響を与えるアイテムです。

その形や色がそれぞれ意味を持つことはもちろん、置く位置も運気に大きな影響を与えます。

時計は人間関係に影響を与えるため、関係を円滑にするという意味で円形のものが良いとされており、四角いものは人間関係に角が立つためあまり良くないとされています。

部屋に目立つように設置されるものは壁掛けタイプが多いかと思いますが、壁にかける際は東側がより運気上昇に繋がる方角です。

東側は木と繋がる方角であり、生命力溢れる木々を象徴します。

そのため東側は発展運や健康運、仕事運に関係しており、この方角に時計やテレビなど、情報を呼び込む家具を置くことで良い知らせを呼び込むとされています。

また、南東の方角も情報を呼び込む家具を置くには良いとされています。

南東の方角は結婚運や恋愛運と関係するため、結婚したい方や恋を成就させたい人はこの方角への設置がお勧めです。

風水では位置だけではなく色や素材、形もそれぞれ意味を持っており、様々な運気に作用してきますので自分が望む運気に効果のあるポイントを押さえて、インテリアを考えていくと良いでしょう。