指輪と風水

風水とは中国の漢時代より伝わる環境学で風は目にみえない気の流れ、水は自然界全体にある水をさします。

風水を取り入れて環境の改善をする努力をする事で運気が好転します。

占いとは違い未来を予想するものではなく良い環境になるような工夫と努力次第でよりよい未来になります。

指輪と風水は深い関係があります。

つける指により意味とパワーが違ってきます。

親指は地盤の発展を妨げる場所であり孤立するのでつけてはいけない場所です。

ひとさし指は縁が繋がる場所なので常に指輪をしておいた方がよい場所です。

恋愛運、チャンスに繋がる縁がある場所です。

中指は拒否の場所なので行きたくないところとか会いたくない人に会うときにつけるのには良い場所です。

両手にしておけば更にパワーアップされます。

石はアメジストなどの浄化石が適しています。

気の吸収を妨げたい時に着けておく場所です。

くすり指は契約の指なのでマリッジリングやエンゲージリングをつける指です。

デザインや大きさによりパワーが左右されます。

小指は気が足りない時に補充してくれるので常につけておいてもよいくらいです。

願かけの時にも役立ちます。

シンプルなものより石のついている指輪、天然石に強い運気があり素材はどのようなものでも構いません。