ピアスと風水

福耳という言葉がある通り、耳は金運・財運などを司る部位です。

耳の大きさや厚みは親から受け継いだものであり、成長や老化で変わることなく一生同じままです。

耳にピアスを開けてファッションを楽しむ人は、男女を問わずとても多いです。

風水の世界では、耳にピアスの穴を開けることは運気を下げる行為といわれています。

体に開けた穴は風穴といって本来良くないことであり、その穴から運気が逃げていくと考えられているからです。

耳に関しては、風水の観点からするともうひとつ違った見方があります。

それは、耳は運気の吸収ポイントであるということです。

耳にピアスの穴を開けることによって運気が逃げたとしても、耳には運気が集まってくるので、相殺されて大きなマイナスにはなりません。

ところが、鼻やおへそに穴を開けると運気を逃がす一方になってしまいます。

おしゃれを楽しみたいのであれば、穴を開けるのはやはり耳が良いといえます。

ピアスを選ぶ時は、純金や18金、真珠、または自分の誕生石などの天然石がおすすめです。

明るい気持ちになれる色やデザインでありながらも、派手派手しくないものが良いです。

また、三角形や尖った形ではなく、まるっぽい形のものにしましょう。

石や素材、デザインにこだわると、風穴であってもより運気を高めたり、得られる運気があります。

また、運気がたくさん逃げないように、「穴が隠れるように」「毎日つける」ということが大切です。