風水で仕事運に良い方角

あまりよく知らない人からすると、インチキな占いのような、なんとなく胡散臭いイメージが付きまといがちですが、実は風水というのは、古代中国の人々によって考案され、現在に至るまで非常に多くの人々の人生の指針たりえている環境学という立派な学問の一種なのです。

実際にビジネスの最前線で活躍しているリーダーたちの多くも、仕事運を上昇させるために風水の考え方を取り入れています。

風水は方角と密接な関係がありますが、ビジネスに関しては「東」が仕事運や発展運、成功運に、「北西」が事業運、地位・社会運に影響を与える方位である、としてそれぞれ重要視されています。

良い気はきれいなところを好み、逆に汚いところを嫌うという性質を持っているので、家や仕事場などでは、この方位の掃除や片づけを特に入念に行い、常に清潔に保つようにすることが仕事運のアップにつながります。

また、良い仕事をするためには、前日の疲れを残さないようなしっかりとした睡眠をとることが重要、という意味では寝室の環境を整えることも重要です。

頭を北に向けて寝る北枕は、日本古来の風習では縁起が悪いとされていますが、逆に風水では安眠を得ることのできる正しい寝方であるといわれているので、ベッドや布団はそのように配置するようにしましょう。