風水に良い事務所のレイアウト

風水事務所レイアウトの理想は、玄関は建物の東か東南にあり、張り出すように作られていることです。

また、会社の規模、身の丈に合った構えが理想です。

東や東南は、新鮮な人や情報、流通や物事が整う意味を持っています。

玄関と門は、一直線の配置にせずにずらすか、90度向きを変えることが無事を作ります。

運の入る玄関の対極、一番奥が西北で社長の座となるレイアウトが理想となります。

運を社長が受け止めるということです。

西北は権威や統率力、高級や実りの秋の意味を持っています。

社長に相応しい重厚感のあるインテリアがとても相性が良い方位です。

往々にして桁外れになりがちですから、身の丈を忘れずにすることです。

この様な理想の建物を建てられる人ばかりではないでしょう。

賃貸物件の場合は、なかなか理想通りとはいきません。

マンションを事務所にしている場合は、たいてい玄関が北や北東、北西に位置しています。

理想的とは言えませんが、現在の場所を決めるには諸事情を考慮の上の物件でしょう。

インテリアでカバーをします。

なるべく避けたいのは裏鬼門の北東です。

何につけてもムラがあり、情報や人は玉石混交で不安定です。

穏やかな安定を目指すことに終始します。

多色使いをせずに、白と黄色位の色でインテリアを整えましょう。

北から北西は、分不相応になりがちですから控えめなインテリアを心がけます。

良い運を呼ぶ風水事務所レイアウトは、玄関から始まります。