書斎に取り入れたい風水

書斎に風水を取り入れる際の部屋の位置の最適な方角は家の中心点より北・東・南東・南の四方位とされています。

この四つの方位を「文才位」といい(文昌位ともいいます)、集中力を高めるとされています。

もし現在お住いの書斎の位置が別の方位、たとえば北東・南西にある場合は明るめの「照明」を点け、西・北西にある場合は、水に関するもの例えば金魚鉢などの水槽や魚の絵、水車の置物などを置くこと、または灰色や水色の敷物などを敷いたり、水をつかった空気清浄器を置くことなどによって、開運することができます。

また一般的に書斎の机の位置は窓を正面にして置くことが多いですが、窓が北側だった場合は柔らかい光になりますので風水的に良いとされています。

窓が北側以外にある場合の机の位置は窓の横に配置した方が良いとされています。

さらにポイントとして、広い空間などではない場合には、書棚などの配置を工夫して気の流れが部屋全体を循環できるようによどまないよう、流れの死角を作らないようにすることです。

昔の中国の学者は冥想する際に焦点となるような、山の形をした石の置物などを置くことで、理想的な冥想空間を作り出したので、それにならって焦点となるようなものを置くとさらに効果的です。