風水に良い名刺入れ

風水的に仕事運をUPさせる、名刺入れはどのようなものがあるのかご紹介します。

風水で名刺入れは、自分の地位を表すアイテムですので、安っぽいものはやめましょう。

同じく古くなったものは、陰の気がたまるので良くないとされています。できるだけ新しい名刺入れを使うようにしましょう。

名刺交換のときに目につきやすいものですので、センスがよく上質な名刺入れを持っていればスマートに交換できて、仕事ができそうなイメージを相手に与えることもできます。

素材は本革やシルバーなどの金属製が良いとされています。

メタリックカラーは光(金)の運気をもつので、お金になる仕事を求める人は「金運」を引き寄せるのでおすすめです。

木製でしたら「木=気」で仕事運がUPすることや、ブラウン系は「土」の気を持つカラーで、地に足をついて、今のポジションをキープして安定させたいときに有効です。

上質なレザーなどがいいかもしれませんね。

起業したばかりで「発展」を望むときは、ブルーやグリーンがおすすめです。

名刺交換で貰った他人のものをいつまでも入れておくと、その人の影響を受けてしまうことがあるので、運気が下がりそうな人の名刺は入れたままにしないよう注意しましょう。

その反対に地位のある人や、強運の持ち主の名刺なら一週間ほど入れておくといいでしょう。

良い影響を受けて仕事運をUPさせるのに効果的です。