オフィスに取り入れたい風水

オフィスの風水とは、オフィスでの気の流れをあやつり、運気をあげるというものです。

「風通しの良い会社」と言われるようにする為には、風の通りが悪く、空気が淀んでいるところはないかチェックします。

ドアと窓をつなぐ直線状にデスクが置くレイアウトは、入ってきた気が直接人に当たるので、疲れやすく、仕事も長続きしません。

この場合は、入り口にパーテーションや観葉植物などを置くと気が和らぎます。

経営者はドアや窓に背を向けて座るのは、ビジネス運を逃してしまうと言われていますので、できるだけ出入り口と反対の壁側に座るようにレイアウトするといいです。

職場にはストレスなど様々な気が入り乱れますので、風水のアイテムで停滞している気の流れを活性化します。

スタッフの目に触れるような場所に、暖色系の花や観葉植物を置くと、前向きな気持ちになります。

次に、表鬼門・裏鬼門に盛塩をして、気の乱れを調整します。

また、盛塩はパソコンなどから発生する電磁波の乱れを整えるのにも有効的です。

風水の基本である整理整頓は必須です。

古いもの、いらないものをためこんでおくのは気が淀んでしまいます。

オフィス内は出来るだけ明るくすることで、気が活性化されます。