風水で捨てる効果

家の中が物で溢れかえっているという人は割と多いです。

それは、物を捨てることが苦手だからです。

私たちの生活の拠点である「家」はとても大切な場所です。

環境学である風水に基づいて物を捨てることで、これからの人生に良い風が吹くかもしれません。

風水では、古くなった物や全く使うことのない不要な物は捨てましょう、という考え方があります。

古い物や不要な物は陰の気を呼び、運気の流れが停滞し、新しい運気の流れを妨げてしまうと考えられているからです。

捨てることで陰の気を断ち切り、新たに良い運気を流れ込むようにして、気持ちの良い空間にするのが目的です。

また、物には持ち主の気が宿ります。

捨てようかどうか迷った場合にその判断材料となるのが、「その品を見た時に思い出すこと」です。

古い物であっても、自分がとても幸運な日々を送っていた時代に使っていた物は、なるべく捨てずに手元においておきます。

幸運のお守りとなり、良い効果をもたらします。

その考え方に従うのであれば、見ただけで嫌なことを思い出す品物は、古くなくても捨てた方が良いといえます。

また、運の良い人がくれた物は捨てずにもっておいた方が良いです。

持っているだけで、幸運のおすそ分けをしてもらえます。

風水では、写真など、晴れの日に捨てた方が良い物などもありますので、天候にも気をつけましょう。