風水に良い外壁の色

いま、家を建てる時に風水を意識される方が増えています。

とても注目されていることでもありますし、運勢がアップするということで、外観の色などもこだわってみると良いでしょう。

設計から入る場合には、外壁に関してはあまり凹凸がない方が望ましいでしょう。シンプルな四角形がベストで、できれば中庭は作らないほうが良いです。

さらに外壁の色としては、陽意味合いも含めて暖色系がおすすめです。

もし、黒やこげ茶などを選びたいという場合には、手すりや窓枠で明るめのカラーを入れていくと良いでしょう。

また、運気を上げるためにも庭に花を植えたりインテリアにも、木材を入れていくと明るい雰囲気になります。

風水のことを考えたならば、東方向で食事をとり、西方向で寝るということがベストです。

風水家相の基盤になっているのは自然界の力です。

特に太陽の運行をベースにした8方位を重視してプランニングをすると良いでしょう。

おおまかなルールとしては、建物の東側にキッチンやダイニング、西側に寝室があると運気が上がります。

また、東や東南は若い人が使うと良く、西や北西は年配者が過ごすのに向いていると言えます。

これらのことに気を付けてプランを立てていくと良いでしょう。